レプログはてな出張所

日々の出来事を綴っていきます

Core i7-12700のスコア

昨年組み立ててWindows11の検証用に使っていたパソコンですが、先月、RTX3060Tiを組み込み、さらにその後第12世代のCore i7に換装しました。

 

Core i7に載せ替える前はCore i3でした。私は古いCINEBENCH R15で測定しているのですがCore i3-10105のマルチ906cb、シングル190cbに比べて、Core i7-12700はマルチ3025、シングル267と大幅にパフォーマンスが上がりました。

 

またFF15ベンチではCore i3-10105+RTX3060Tiの時、とても快適の11794と、Core i5-10400+GTX1060 6Gのスコアの快適、6747に比べ大幅に高い数値が出ていましたが、Core i7-12700+RTX3060Tiではさらにスコアを伸ばし、非常に快適、14998という結果になりました。CPUのボトルネックが解消されてスコアが伸びたものだと思います。

 

実際に私が遊ぶのはUO(ウルティマオンライン)とSL(セカンドライフ)なのですが、UO(ウルティマオンライン)は古いPCでも余裕で動かせるため、体感できる変化はありません。

 

SL(セカンドライフ)だと描画遅れが解消されるとか改善を期待したのですが、どうやら、5年前のパソコンからパワーアップしても大きな変化は現れないようです。

 

後で知ったことですがSL(セカンドライフ)のプログラムが古いままで最新のPCの機能を使いこなせないため、目に見えるような変化はないらしいです。

 

PC、パワーアップしましたが宝の持ち腐れになりそうです。他に使うとしたら、3DデザインをBlenderを使ってやってみたい、というのがありますが先駆者に追いつくのは私の力量ではほぼ不可能だと思われるのであまり本気にはなれないで居ます。

 

単なる自己満足でのパワーアップになってしまったと思います。でも、今後円安が進んで物価が上がるかも知れず、パソコンをいじるのもこれが最後、と思っています。あとはいじるにしても5年後以降とかにすると思います。Windows11の後継OSが発表されてさらなるハードの更新が必要になった場合、などです。

 

趣味でパソコンのハードウェアをいじるのも今後数年はお休みになると思います。今後はソフトウェアの更新くらいにして、あまりお金のかからない使い方をしようと思っています。