レプログはてな出張所

日々の出来事を綴っていきます

国と日銀が分離されているからなのかな

日本はかつて軍事のためにお金を刷りまくったり、戦後の物不足で極度のインフレになったりしたことがあるためか、お金を刷る機能を持つ日銀は国とは分離されています。

 

ですので、国がお金を使いたいときは集めた税金を使うか、足りなければ国債を発行しないといけません。元々は国が発行したお金を使っていたはずが、それが出来ない仕組みになってしまっています。

 

軍事にお金をつぎ込んだり、過剰にお金を発行してインフレになるのを抑制するのには効果があると思いますが、国が行う事業の足かせにもなってしまっていると思います。

 

国債を発行して一千兆円の借金が国にはあると言っていますが、これは他国のお金を借りているわけではなく、国民や銀行から借りているものです。国民は債権者でお金を貸している側なのに、何故か国民一人当たり何百万円の借金がある、などと言われたりしています。国の借金は国民の資産になっているのに、です。

 

それで増税をして国民のお金を国に吸い上げていっています。過度のインフレの恐れがあるなら仕方が無いですが、お金が足りなければお金を発行して使えばいいだけのところを発想が逆転してしまっているのです。

 

国債も最近は日銀が多く買い入れているので実質的にはお金を発行して使っているのと同じようになっているのですが、数字上、国がお金を借りているようになっているので大きな借金を背負っているかのように見えてしまいます。それで、増税の圧力が高まるという具合です。お金が余ってインフレして困っているなら増税も有りだと思いますが、デフレだったりインフレ率が低くて困っているのだから減税とか現金の給付とかが必要なはずです。

 

日銀と国を一体化して考えると、国が国の機関である日銀にお金を借りているだけなので親が子にお金を借りているようなものです。家族で考えると借金は無いことになります。子にお金を発行する権限があるのでこうなってしまっていますが、国にお金を発行する権限があれば、インフレ率にだけ気を付ければ必要なお金はいくらでも発行できるはずです。放漫財政になる心配があるなら、軍事や土木にばかりつぎ込ませないよう、福祉やベーシックインカムなどにのみ使えるようにルールを定めるとかしたらいいと思います。

 

国全体にお金が無いという理由で福祉や科学技術の振興にお金を使わないのは何か納得がいきません。日本はお金の発行が少なすぎてデフレや低インフレとなっているのです。

 

お金をもっと発行して国全体を潤してもらいたいものです。

ライフネット1100円台に

一時は1700円台まで上がっていたことのある、ライフネット生命の株価が1100円台まで下落しました。

 

私は上昇を見込んで集中投資、長期保有していますが5000円になるまで持っておこう、などと考えていたので1200円台で少し売っただけでほとんど持ったままです。

 

私の投資資金もピークから2~3割くらい減ってしまいました。1700円台の時に欲張らずに売っておけば良かったです。

 

ここまで下がったならまた数年後、経営が黒字になるまで待って最高値の更新を待つ方がいいかな、などと考えています。最終的にはインデックスファンドに買い替えるつもりですが、その時期は遠のいていく気がします。

 

仕方が無いです。あと5年10年待つつもりで、10年後投資資金が目標額に到達していれば良い、と気長に待つしか無さそうです。投資資金、順調に増えていって1億円とかなってくれたら嬉しかったんですが、3000万円くらいに下方修正です。

 

3000万円あれば世界の金融資産全体の成長率と同じ年率4%で運用できれば年間120万円、月にして10万円取り崩しても減らない計算になるので、それを目標にしようと思います。最悪、iDeCoで積み立てている分と合わせて3000万円でも良しとしようとおもいます。年金にプラス月10万円あれば普通に生活するには困らないと思います。

 

インフレが怖いんですが、日本はなかなかインフレしそうにないですし何とかなると思いたいです。

人類の未来、見たいような見たくないような

2045年頃、AIの知能が全人類の知能を上回るシンギュラリティが訪れると言われています。

 

そうなると、AIは自ら自身を改良していき想像もつかない知能を得ると思います。人類はそんなAIと融合し今の人類とは違った生命体へと昇華していくのではないかと思います。

 

2045年と言えばあと24年ですので私も長生きすればその瞬間を目にすることが出来るかもしれません。人類が今のままの人間の姿で存続し続けられるか分からない未来がもうすぐ訪れるのでしょうか。

 

意識はコピーされるか吸い取られ、AIとコンピュータとして、情報生命体として存続するようになるかもしれません。様々な制約のある肉体は過去のものとなるかもしれません。実体化は必要な時だけロボットやアンドロイドのような体を借りて行い、普段はデータとして記録され実行されているものになるかもしれないです。

 

そうなると個々の個体は100億もの数は必要無いかもしれないので統合されもっと数は少なくなるのかもしれません。意識が吸い取られほかの人と混ざっていくのです。

 

もしかしたら一つの巨大な情報生命体に統合してしまうかもしれません。太陽系の外へ進出するときは必要な部分だけを複製して半導体の中で生き、光の速度でないとなかなか到達できない領域へ旅立つかもしれないです。

 

宇宙で生きていくのが大変とか、空気が無いとか、心配要らないかもしれません。エネルギーさえあればどこへでも行きつけるようになるでしょう。

 

そんな人類の未来、私自身は見たいような見たくないような複雑な心境です。

 

以前、死んだら魂は何か大きな存在の元へと帰っていく、という気がしたことがあります。今は死んだらそれでおしまいで何もないと思っていますが、あと24年生きたら生きたまま大きな一つの存在の一部になるかもしれません。

 

今のままの生命としての人間はしばらくは存在し続けるかもしれませんが、やがて日本やヨーロッパのような少子化が世界的に進んで、現状の人間の社会は終わり新たな生命体のつくる時代へと引き継がれていくような気がしています。

 

あと25年くらいの間に死ねなければ、情報生命体の一部となるかどうかの選択を迫られる時期が訪れるかもしれず、そう考えると長生きするのがいいのかどうか分からなくなります。

AFPの勉強、やる気が無くなってきた

昨年の12月にAFPの資格を取ろうとeラーニングを申し込みしたのですが、しばらく放置してしまい、その後花粉症になって勉強どころじゃなくなったので最初の方だけやっただけで手を付けていません。

 

花粉症はおさまってきたので勉強は出来ると思うのですが、なんだかやる気が無くなってきました。資格を取ってもこれ以上何かの役に立つとか無いと思います。資格を生かして仕事をしようとか考えてないですし、そもそもAFPくらいでは仕事に繋がらないと思います。1級ファイナンシャル・プランニング技能士かCFPなら仕事にもつながるかもしれませんが、そこへたどり着くのはかなり遠いです。

 

申し込んだときは何か奮起して取り組もう、と思ったのだと思いますが今の私は何かに頑張って取り組む理由も意味もありません。ただ、家族の健康を祈って見守るだけの存在です。

 

自分自身もやりたいことはやったし子どもも出来たので、子どもが成長するのを見届けたらこの世に未練はありません。すぐに、というのは性急ですがあと10年か15年生きられたら十分な気もします。まあ、出来たら年金も掛け金を払った分だけもらいたいので30年か40年、生きられたらありがたいなと思います。

 

ただ、30年後にはもしかしたらAIが人類すべての知能を上回るという、シンギュラリティが訪れていて今とは全く違う世の中になっているかもしれません。AIが重要な世の中になっていると思うので、今から勉強するならAFPより、AIを使いこなせるようになるための勉強かな、とも思います。

 

そもそも、AIもテレビのリモコンを操作するくらいの感覚で使うものになっているかもしれないので、AIを使いこなすための勉強も意味が無いかもしれません。

 

将来も今と変わらず、何もせずに生かされているだけの存在かも知れませんが、未来の為政者が生命についてどういう考えを持っているかによって人生が決まるかもしれないです。為政者は人間とは限りません。人間の知能をはるかに超えたAIと量子コンピュータかも知れないです。日本は人口が減っていきますが世界的には人口が増えており、増えた人口を養うだけのエネルギーが必要になる、というか、エネルギーが確保できる分だけ人口は増えることができるので、そのあたりをどう考えるかです。

 

エネルギー以外にも資源も必要になってくるので、エネルギーや資源を消費しづつける莫大な人口を養うのは大変です。エネルギーだけでなく資源も再生可能なものに置き換えていかないと無くなってしまいます。将来は世界的にも日本やヨーロッパの後を追って少子化へ向かうのでしょうか。人類が長く繫栄するためにはあまりに多すぎる人口は問題になってくるのではないかと思います。

 

そのうち人類はAIと融合して今とは違う生命体になっていく、と私は思うのですが100億もの生命体が同居する世界となるか、個体ごとの統合が進んで少数の生命体だけが電子的に存在する世界となるか。

 

人類が太陽系を飛び出して銀河全域に広がっていくときは肉体を持った生命体ではなく、AIやアンドロイドになっているかも知れない、などと考えているとAFPの勉強ってほんのわずかな間だけしか使わない些末な知識のような気がしてくるのです。

 

なので、単純にAFPの勉強が楽しい、と言う領域まで到達しないとなかなか勉強できないかも知れないです。

連休中は株価を確認することも無く暇です

連休中は株価も動きませんのでポートフォリオを確認する必要も無く暇です。

 

いつもは午前9時になるとネット証券の画面を開いてポートフォリオのチェックをします。特に売買をしない時も気になるので毎日確認しています。

 

それが休日は無いので寂しいのですが、連休4日目ともなると無いのが普通に感じてきてそれはそれで株価の変動に一喜一憂することも無く平和です。

 

今は個別の株を多く所有しているのでこんな感じですが、将来は証券口座の8~9割をインデックスファンドに変えて売買はおろか、価格の確認の必要も無い状態にするつもりです。3000万円のインデックスファンドを積み立てて月10万円以内を取り崩しながら運用するつもりです。年率4%づつの定率での取り崩しをしたいですが現状では定額での取り崩しになると思います。将来、ネット証券のシステムが定率取り崩しに対応してくれるのを期待して待つつもりです。

 

ネット証券の口座でインデックスファンドを積み立てるつもりですが、iDeCoを利用して積み立てもしています。ネット証券の積み立てと合わせて3000万円でいいかも知れないです。iDeCoの取り崩しに関する仕組みをまだ知らないのですが、こちらも定率取り崩しに対応してくれたらありがたいです。生涯、資産が減らない率で取り崩しをして利用し、残った分は子どもに引き継いでもらえたらと思います。

 

個別株を売ってインデックスファンドへの切り替えが済んだら今の連休中の感じがずっと続くのだと思います。株式市場のことは気にせず、取り崩しの額が4%を上回らないように時々確認するだけになると思います。

 

インデックスファンドの積み立てと言う手法、若いころから知っていたら良かったのに、と思います。日本はお金の運用について投資信託に投資するというのは一般的でなかったのか、それに関する知識を得る方法は少なかったように思います。私も正規職員として働いている間、月1万円からでも積み立てを始めていれば運に頼ることも無しにもっと早くお金の心配をしなくて済むようになっていたはずです。

 

iDeCoの制度も正規職員でいる間の最後の4年間くらいしかありませんでした。もっと早く制度化してくれていたらありがたかったです。まあ、それ以前はiDeCoを使わなくても良いだけの給付があったのだと思うと、制度化の時期的には仕方が無かったのかもしれません。

 

遅ればせながら、インデックスファンドの積み立てという資産運用を目指したいと思います。私は働き続けられないので働かなくても食べていける方法を取りたいです。

インデックスファンドの積み立てが最も確実だと思います

日本も高度経済成長期は銀行預金の利子が5%を超えていて、株や投資信託を買わなくても資産運用ができていたのです。また、不動産を持っていればどんどん値上がりして資産が増えていったためお金があれば不動産に変えておく人も多かったでしょう。

 

ですが今は銀行で預金していても利子は雀の涙ですし、不動産も値上がりしません。ですので、株や投資信託を買うことへシフトしないと資産運用できない状態ですが昔からの名残で銀行預金に金融資産の大半が預けられているようです。

 

株や投資信託は値下がりすることがあって損をするのが怖い、というイメージが強いのでしょう。実際、日本の株価は20年以上にわたって停滞しようやく最近になって少し上がってきたかな、という状況です。投資信託も手数料が高くて金融機関が儲けるためのような商品ばかりでした。

 

ですが、ここ最近は積み立てNISAやiDeCoといった制度に後押しされて、手数料が0.1%くらいのインデックスファンドが増えてきました。インデックスファンドも株式へ投資するもののほか、債券へ投資するものもあり、また日本だけで無く海外へ投資することもできるので選択肢は広まっています。

 

投資効率から言えば、資金があればすぐに投資するのが正しいようですが、一度に資金を用意できない場合もありますし下落のリスクもありますので、定額で決まった期間ごとに積み立てで買い付けるのが心理的にも負担が少なく安心できます。これはドルコスト平均法と呼ばれる手法で欧米ではすでになじみの深いやり方で、価格が高いときは少しだけ買い、安いときは多く買うことになり平均の購入単価を安く抑えられるものです。価格が安いときに多めに積み立て、価格が回復したらその上昇の恩恵を受けられます。利益は最初の方は微々たるものですが、積み立てが進むにつれ後半で大きな利益が生まれます。

 

例えば毎月12000円、20歳になったときから株式のインデックスファンドを積み立てるとします。株式に投資することで年率7%を確保できたとすると、40年後には約3000万円の資産を形成することができます。3000万円あればこれを世界の金融資産全体の平均利回りである4~5%程度で運用できれば4%分の年120万円、月10万円取り崩しても資産は減らない計算になります。

 

年金だけでは将来生活するのが苦しくなりますので、このくらいの資産は形成しておきたいものです。月12000円は公務員を含めたほぼすべての人が確定拠出型年金の制度で所得控除の恩恵を受けながら積み立てできる額です。公務員は12000円ですが自営業の方などはもっと多くの額が控除の対象になりますので、この制度を利用して将来月20万円とか30万円取り崩せる資産を作ることも可能です。

 

私はセミリタイヤして給与所得が無いので所得控除の恩恵は受けられませんが、iDeCoの積み立ては貯金を原資にして継続しています。運用で生まれた利益についても非課税になりますので、取り崩しの時を楽しみにして積み立てを続けています。

欲張らなければ良かったな、と思います

欲張ると逆に損をしてしまうことがあります。

 

仮想通貨が値下がりしていますが、私も欲張らずにもう少し早く売却していれば、もう少し利益が出ていました。

 

ライフネット生命の株も1700円台で欲張らずに売却しておけば、今頃インデックスファンドを将来の資金に十分な量、買い付けられたはずですが今は1200円台に下がってしまいました。もう一度1700円を超えるのに何年もかかるかもしれません。

 

仮想通貨は売ってしまいましたのでもう当分ポジションを持つつもりは無いですが、株は長期戦で回復を待つつもりです。ですが、直近では仮想通貨の下落に連鎖して株価も下がるかもしれないですし不安です。もしかしたら、今も欲張らずに1200円台で売却した方が良いかもしれません。

 

欲張るとろくなことは無いですが、利益の出る仕組みは作っておかないと何もありません。株や投資信託を買って値上がりを待つ、という行為自体を否定するものではありません。現にライフネット生命も数年前は4~500円でしたので、私も利益を取り損ねてはいますが投資した当初よりは金融資産は増えています。

 

1000円を超えるまでに数年待ちましたが、数年待つ間にインデックスファンドを買っていたとしたら個別の株を買わなくても倍になっていたかもしれません。リスクを取る意味が無くなってしまいます。今後は欲張らずにインデックスファンドの長期保有に切り替えたいと思います。ただ、ライフネットを今すぐ1200円台で売却して切り替えるのは心情的に悔しいので、1800円くらいになるのを待とうと思います。5年くらいかかっても良いと思っています。

 

次に1800円くらいになったら欲張らず、速やかにインデックスファンドに切り替えたいと思います。